MENU

【チャンスを増やす】フリーランスのSNS運用(iSara5th DAY4)

2020 4/11
【チャンスを増やす】フリーランスのSNS運用(iSara5th DAY4)

こんにちは。ホクト(@tomadip)です。

現在、バンコクのノマドエンジニア育成講座「iSara」に第五期生として参加しています。

iSaraとは

プログラミング知識の習得とともに「個人経営におけるマインドを学ぶ」ためのプログラム。現役フリーランスとして活躍する方々が講師となり、フリーランスとして生きていくために必要なコトを3週間で学習します。

今回は、講座4日目で学んだことをまとめました。

・プログラミング学習を継続していて、これから実際に稼いでいきたい方
・フリーランスとしての生き方に関心のある方

はぜひ参考にしていただければと思います!

目次

DAY4.「フリーランスの SNS運用」について

フリーランスがSNSを適切に運用するメリットは、以下の3点です。

・認知が広がることで仕事のチャンスが増える
・一定の知名度があると、ネット上でアポが取りやすい
・良質な情報が入ってきやすい

今回の記事では、Twitterに焦点を絞ってまとめていきます。

Twitterを運用するうえで、意識したい事項はシンプルに2点。

①プロフィールをわかりやすくする
②自分のポジションを明確にする

上記2点について、順番に解説します。

①プロフィールをわかりやすくする

・自分は何者か?
・自分は何ができて、何を発信するのか?
・自分にはどんな実績があるのか?経験があるのか?
(数字を用いるとわかりやすくなります。ブログPV○○万、とかがわかりやすい例ですね。)

これが一目でわかるようなプロフィールになっているのがベストです。

ただ、経歴やスキルを押し出しすぎて自慢っぽくならないように注意しましょう。笑

(塩梅が難しいので、近しい人に聞いてみると良いかもですね)

ユーザー名とアイコンは超大事

人間味を感じるユーザー名顔写真またはイラストのアイコン であることが望ましいです。

「認知と信頼を得るために運用する」という前提であれば、必須であるとも言えるでしょう。

同じユーザー名の競合がいるか?も気にしてみる

講師のケースケさんは、「けいすけ」だと競合が多すぎたので「ケースケ」にしてオリジナリティを出したそうです。iSaraの共同創業者のユーキさん、マナブさん、ショーへーさんは、これを真似してカタカナにしたとか。笑

埋もれないためにも「同じユーザー名の競合がいないか」という視点も大事かもしれませんね。

②自分のポジションを明確にする

「ポジションを明確に」といってもどうすれば良いの……?

と思った方は、まずは「マインドマップ」を作って、価値観やスキルを整理するのがオススメ。

参考:第一回マインドマップ活用法【人生が10倍捗るライフハック】
(iSara の同期生がシェアしてくれていた動画です)

マインドマップを作る際に意識したいのが、「機能的価値」「感情的価値」です。

機能的価値

直接的に利益をもたらすもの、メリットを感じられるもの、希少性の高い特徴

(例)
TOEIC満点 → 英語の勉強法を発信
アジアで起業歴あり → アジアのビジネス情報を発信

機能的価値については、よほど飛び抜けた経歴や能力がないと、競争にされされやすいのがデメリットと言えます。逆に「これだけは人に負けない!」というものが既にある方は、基本的なポイントを押さえて継続していけば、順調に伸ばしていけそうですね。

感情的価値

人の感情に訴えかけるもの、価値観、こだわり、共感できるもの

(例)
人と話すのが苦手でプログラミングしてたら、いつの間にか独立してた
→コミュニケーションが苦手でもスキルを身につければ何とかなる、という方向性で発信

例えが適切かわかりませんが、「東大卒のエリートが成功した話」よりも、「際立った特徴のない人が成功した話」の方が共感をしやすいですし、「なぜ成功できたんだろう…気になる…!!」ってなりやすいですよね。

自分にとっての「機能的価値」「感情的価値」を把握することで、発信の際に訴求するポイントが明確になります。

その他、テクニック的なお話

伸びやすいツイート

・140文字の制限ギリギリまで書いてある
・1ツイート1テーマに絞る
・結論を最初に持ってくる

フォロワーUPに効果的な方法

フォロワーが自分より「少し上」の人にのっかる (厚めに感想を書いて引用リツイートなど)

強インフルエンサーよりも、反応をもらえる可能性が高いことが理由です。もし感想がリツイートされれば、自分の露出が増えます。

ツイートにオリジナリティを出す

“オリジナリティ”というと難しく聞こえますが、一番簡単な方法は「自分なりの解釈を盛り込んだ内容」にすることです。

お役立ち情報を箇条書きにするのも見やすいですが、そこに自分の「経験」や「価値観」を盛り込んだコメントを一文入れるだけでも、共感を得られる可能性が高まります。

まとめ

ここまで、SNS(Twitter) 運用上のテクニックをまとめてきました。最後に、SNS運用における大事な考え方をお伝えしておきます。

それは「他人は自分に興味がない」ということ。

もちろん、その人自身に興味を持ってフォローしてもらえる場合はありますが、それはすでに影響力を持っている一部の人に限った話です。

自分ではなく、発信している情報それ自体が見られていることを意識して運用することが大事ですね。

引き続き明日以降も、学んだことをシェアしていきます。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる